成功の掟2

2012/09/06

成功の掟2 挫折から踏み出す、ミリオネアへの第一歩:マーク・フィッシャー

The Instant Millionaire Part2: Mark Fisher


マーク・フィッシャーは、16年もの歳月を経て、続編(本書)を完成。

前作で成功の秘密を学んだはずの青年は、生活に困って義父の経営するガソリンスタンドで毎日こき使われる日々を送っている。本書でミリオネアの教えに従い、青年は金銭的独立を勝ち取ったが、もうひとつ金銭以外に乗り越えなければならないもう一つ大きな山が用意されていた。

本書のポイント

  • ”お金の河=不老所得”を作ること。
  • 眠っていても銀行の預金口座にお金が流れてくる手段を築き上げること。

Amazonより
自己啓発書の原点となった、マーク・フィッシャー『成功の掟』(小社刊)に、待望の続編が登場!
百万長者(ミリオネア)に出会い、成功する秘訣を教わった青年。だが、実際に夢への道を踏み出したその先には、多くの苦難が待ち受けていた。青年の胸に渦巻く、ためらい、不安、焦り……。
一度は夢を捨てようとした青年は、ミリオネアから温かく実践的なアドバイス受け、再び成功への階段を登りはじめる。
『成功の掟』で語られた、富を得て自由な人生を送るための方法が、本書ではより具体的・実践的に説かれている。

表紙帯より
成功を誓いながら、それを果たせずにいる青年がいた。
彼はミリオネアと再会し、富を獲得する方法を学んでいく。
-「結局のところ、心を自由にするための秘訣とは簡単なことじゃ。それは、自分の”お金の河”の流れを大きくする手段をたえず見つけることだ」(本書より)

出版社からのコメント
世界200万部突破の『成功の掟』に待望の続編が登場しました! 成功への心構えを知った青年に、ミリオネアはより実践的な蓄財法を授けます。富と夢を求める人に、最適の書です。

内容(「BOOK」データベースより)
富こそが、人生から自由になれる唯一の手段である。ロングベストセラー『成功の掟』、待望の第二弾!!夢を、愛を、そして成功を、信じる力。この偉大なパワーに気づくとき、あなたの人生が変わりはじめます。

Google Booksへはこちら


 

目次とメモ

  1. ミリオネアとの再会
  2. 物質的不安からの解放
  3. “三匹の鬼”を人生から追い出す
  4. 十倍楽をして、十倍儲ける
  5. モノポリーが教える“お金の河”の生み出し方
  6. “蒔かれたときが刈り入れるとき”
  7. “不労所得”を手に入れるための不動産
  8. ミリオネアになるための節約精神
  9. “よい借金”と“悪い借金”
  10. ギャンブラーではなく投資家になれ
  11. コロンブスから学ぶ、忍耐の美徳
  12. 信じる心が持つ大きな力
  13. 目標は、“一年で六つの物件”
  14. “初心者の恐怖”を克服する
  15. もっとよく見るために、目を閉じよ
  16. 開けてはいけない贈り物
  17. ついに運命と出会う

エピローグより
青年はミリオネアの教えに従い、倹約を心掛け、収入があるにもかかわらず、かなり小さなアパートを借りていた。
ほとんどの人間の抱えている大きな問題は収入以上のお金を使ってしまうことだが、青年は自分の自由が邪魔をされないように、収入の範囲内で暮らす努力をしていた。
金銭的な独立をしたにもかかわらず、書くことが出来なくなってしまった。それは自分の意に反して、もっと家の売買を行う脅迫観念が心の中に住み着いてしまっていたのだ。自分がかけた強欲という罠にはまっていた。彼の心のなかの小説家が死んでしまっていた。
青年はミリオネアが「本当に必要なときしか開けてはならない」を命じられた贈り物を考えていた。残された手段はひとつしかない。

「成功の掟3」に続く。


Posted by Remark On