スイング売買の心得

2012/12/20

スイング売買の心得 (PanRolling Library):リチャード・D・ワイコフ

トレードの本質をえぐる魔術師のバイブル

スイング売買よりもスイングトレードの方が通りが良いかもしれない。デイトレード(デイトレ)の違いとしては、スイングトレードが数日で売買を行うのに対し、デイトレードは1日で売買を済ませるということ。デイトレードの場合、1日のうちに何回も売買を繰り返すことは珍しくない。
スイングトレードという言葉を初めて聞いたのは、B.N.Fがスイングトレードを得意としている記事の中であった。もっともB.N.Fにとって、スイングトレードは手法の1つに過ぎないと思うが、聞いたことのない言葉だったため興味を持った。

通常、トレーディングを専業とでもしない限り、デイトレードは無理だと思うが、スイングトレードであれば、他に事業をしていたり、サラリーマンでも可能。そこで、スイングトレードを学んで見よう思い、この本を読んでみた。

これからパンローリングの投資本を読む人へ」を読んでから本書を読んだ方が良い。

目次メモ

  • 序文 
  • 短信
  • 楽しい経済的自殺の方法
  • 株式相場における需要と供給の法則の働き
  • オーバーン社株の激しい値動きを予測する
  • トレードの方法
    • Ⅰ.過去のやり方
    • Ⅱ.最新の科学的方法
  • 編集だより―なぜ本誌はアドバイスを提供しないか
  • 短信
  • 岐路に立つ大衆
  • ノウハウ
  • 買った理由
  • チャートとダウ理論
  • 融通のきかない方法と柔軟な方法
  • インサイド情報について
  • ウォール街の誤信
    • その一「金庫にしまった株のことが忘れられる」
  • ウォールストリート動物園
  • 編集だより―本誌の出版の目的
  • ダウ理論のさらなる発展
    • トレンド
    • 転換点
    • 値幅の判断
    • 最良の銘柄選択
    • さらなる発展
  • ティッカーテープで相場の転換を予測する
  • テクニシャンはどのように株式相場を判断するか
  • なぜ統計データを研究するのか
  • 短信
  • ディクソン・G・ワットが語る芸術としての投機
    • 一.独立独歩
    • 二.判断力
    • 三.勇気
    • 四.慎重さ
    • 五.柔軟性
    • 絶対的な規則
    • 条件的な規則
  • 編集だより―過去の予測
  • 探りと反応によって相場を判断する
  • ウォール街の誤信
    • その二 「成功するには十分な資金が必要」
  • ダウ理論を打破する
  • 新聞の金融欄の本当の価値
  • さらにインサイド情報について
  • ジェイ・グールドの哲学
  • 編集だより―どうすればこの相場が持ち直すか
  • 四年半の間になされたアドバイス機関の予測の成績
  • 自分の投資ファンドを運営する
  • 年金 一〇〇%の安全
  • 転換点を見抜く
  • さらにインサイド情報について
    • あるトレーダーからの投書
  • ダニエル・ドルーの教え
  • ポイント・アンド・フィギュア・チャート
  • ニュースを過大評価してはいけない
    • 流れとしての株価
  • 短信
  • なぜストップ注文が執行されてしまうのか
  • 追証の請求に対して現金を差し入れてはいけない―損失を防ぐ三重の防衛線
  • スイングトレードで長期保有よりも多くの利益を上げる
  • ブローカーに頼ってはいけない
  • ティッカーテープに基づいてトレードをする
  • テクニシャンがファンダメンタリストに論争を挑む
  • 最良の銘柄―資金と目的と性格に合わせて選ぶ
  • 銀行家はチャートに対して弱気
  • 中立ポジションの大切さ
  • 相場の達人が語る
  • 有名な相場師たちの哲学
  • 読者からの投書
  • 編集だより―なぜファンダメンタルズは役に立たないのか
  • 付録 ストックマーケットテクニックナンバー2より抜粋

Posted by Remark On